2010年07月31日

宇宙人の姿かたち

今まで登場してきた宇宙人は基本的に人間に似ている。

完全にそっくりなのから、ややグロテスクなものまで。大きな特徴は2足歩行で胴体に手足が伸び、頭が上についている。確かに、体の作りをやや貧弱にして、頭を相対的に大きくし、今の人類よりも賢そうに仕立てるというのは納得感はある。映画「プレデター」の宇宙人は得体predator.jpgの知れない登場の仕方でその形が期待されたが、結局は人間型だった。顔のアップはグロテスクだったが。

それに比べると、H.G.ウェルズの火星人は今でもユニークだ。タコがベースというのが突出している。こういう奇抜な形の宇宙人が多く登場して来ないと、現状の地球人と宇宙人の関わりは限定的なものにならざるを得ない。つまり、多くの宇宙人の存在が示唆されているのに、結局、地球の周りの宇宙人は、人類の親戚なのではないかと考えざるを得ない。

137億光年彼方に拡がる様々な天体に生息する宇宙人でさえ、人間の姿かたちに似ているというのは、やはり不自然だ。星の成り立ち、大気の組成、水分、重力、光量など、いろいろ異なる条件がある限り、姿かたちもいろいろあるはずだ。そうでないとすると、人間型というのが、高度文明と相関関係があることを証明する必要が出てくる。人間はそこまで理想的なかたちなのだろうか。
posted by 火星ちゃん at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 宇宙人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。