2010年08月19日

宇宙人はいないのではないか?

宇宙人がいる、とすれば、説明がつく話も多いのだが、「本当に宇宙人はいるのか」という疑問を学術的な見地から提起した高名な物理学者がいる。1938年にノーベル物理学賞を受賞し、米国の原子225px-Enrico_Fermi_1943-49.jpg爆弾開発プロジェクト、マンハッタン計画でも中心的な役割を担ったエンリコ・フェルミ(写真)である。

フェルミは、宇宙の創生からの時間と、全宇宙に拡がる膨大な恒星の数から考えて、地球人と同等もしくはそれ以上の知性を備えた宇宙人(ET:Extraterrestrial)が多数存在するはずだと考えた。にもかかわらず、宇宙人が地球に来訪したという事実を確認できる証拠が存在しない。つまり、宇宙人は地球に到達していない、ということに疑問を持った。1950年に同僚と昼食をとっているときに、「宇宙人はいっぱいいるはずなのに、みんなどこにいるんだ?(If the universe is teeming with Aliens, where is everybody?)」と問いかけたという。その頃、UFOの目撃談が多く、当初の話題もUFOの話だった。「宇宙人は存在しているはずなのに、どこにもその証拠がない」というのが、後にフェルミのパラドックスと呼ばれる問題である。

このフェルミのパラドックスによる問題提起により、様々な仮定が考察され、分析されたりもしている。

主な仮説は、以下のようなものである。
● 宇宙人は存在しており、地球に到達しているが、何らかの理由で公表されていない
主な理由として考えられるのは、
- 政府が隠ぺいしている
- 姿を隠しているために認識できない
- 過去に到達しているが現在はいない
など。

● 宇宙人は存在するが、何らかの理由で、地球に到達できていない
主な理由は、
- 恒星間飛行が困難なため地球に到達できない
- 高度な知的生命体ほど異星に進出する前に滅んでしまう
など。

そして、極端な仮説は地球人を特別視する。
● 宇宙人は存在するが、地球人以上の知的生命体が存在しないため、地球に到達できていない
● 宇宙人自体、存在しない。全宇宙で、地球人が唯一の知的生命体である

フェルミのパラドックスについて興味のある方は、以下を参照。

広い宇宙に地球人しか見当たらない50の理由―フェルミのパラドックス
スティーブン・ウェッブ著
posted by 火星ちゃん at 10:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 宇宙人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/159909165
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。