2010年09月29日

宇宙太陽光利用システム - JAXAの研究

JAXAの進める研究は、「はやぶさ」や「イカロス」などに代表される宇宙探査だけではない。より実用的で身近に実感できる有用なimages-3.jpg技術の開発も行なっている。

たとえば、宇宙太陽光利用システム(Space Solar Power Systems:SSPS)。要は、地球の高度3万6000kmの静止軌道上に、100m四方の規模で反射板を拡げ、太陽光を集めることによって、地球にエネルギーを伝送するシステムである。エネルギーを空中で伝送するために、太陽光をレーザーに変換し、そのレーザー光を地上で受け、1GW(ギガワット)級の発電に相当するエネルギーを定常的に確保しようとするものである。

ちなみに1GWの出力というのは、現行の原子力発電の約一基分に相当しており、たとえば、日本の柏崎刈羽原子力発電所は、7基の軽水炉で、合計約8GW/hの出力を可能としている。エジプト・ナイル川の巨大ダムとして有名なアスワン・ハイ・ダムの水力発電出力は約2.1GWとなっている。JAXAの目標としている宇宙太陽光発電の規模が実用的と考えられる所以である。

この構想を実現するための要素技術は、着々と開発・検証されており、実験レベルでは、ほぼ実現可能なレベルに到達している。

実際には、100m四方の反射板を静止軌道上の構造物として、組み立てる技術は簡単ではない。あるいは、太陽光をレーザーに変換し、それをさらに地上で受け、変換するなどの技術。それぞれに課題はあるものの、大きな問題はほぼ解決可能とされており、2020年から2030年までには十分実現できる見通しとなっている。

JAXAへの金額的な支援や様々な援助をさらに行なえば、実現時期を早めることも可能であり、日本政府も、もっとこうした技術支援に積極的に目を向けてもらいたいものである。

なるほど!と思ったら、押してね。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ
posted by 火星ちゃん at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。