2010年10月08日

宇宙で一番大きな星

恒星の大きさを推定するのは結構むずかしい。数千光年も離れていては、あまりにも遠いために、物理的に大きさを測定することが不可能なのだ。実際、現在確認されている恒星の中で、もっとも大きいのではないかと言われている、おおいぬ座のVY星(VY Canis Majoris)は、約5000光年のかなたにある。
250px-Sun_and_VY_Canis_Majoris.svg.png
さて、その大きさだが、直径約25億〜30億km。これは太陽の1800倍から2100倍に相当する。もし太陽の代わりに太陽系の中心に置いてみると、土星の軌道にまで達する大きさになる。仮に、この恒星を時速800km程度のジェット旅客機で1周すると、約1300年を要するという。

おおいぬ座VY星は、赤色超巨星であり、不規則に光度変化を起こす脈動変光星である。実視等級は7.4等から9.6等級の間で、肉眼では確認できない。

最近のハッブルによる観測では、重力から解放されたガスが流出して、恒星の周囲約1光年に渡って取り巻いている。一番外側のものは1000年前、もっとも新しいものは約50年前に流出したと見られている。最終的には超新星爆発を起こすと推測されており、時期的には今から1000年前後までに起こるという説もある。

写真は、太陽と比較した、おおいぬ座VY星の想像図。太陽があまりにも小さいので、その部分だけを拡大している。

あと、おおいぬ座VY星は含まれていないが、おもしろい動画がYouTubeに上がっていた。



なるほど!と思ったら、押してね。
にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ 人気ブログランキングへ
posted by 火星ちゃん at 09:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 恒星 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。