2010年10月27日

火星の海−35億年前に生命が誕生か

火星探査機から、火星表面の写真を初めて電送したのは、1964年に火星に接近した米国のマリナー4号である。米国はその後1971年のマリナー9号までに、火星表面のおよそ70%の範囲の写真撮影に成功する。

火星探査機が火星の着陸に初めて成功したのは、1973年、旧ソ連の火星探査機マルス3号である。それ以前は、火星に近づいて、そこを通過したり、上空の軌道を回って、観測するだけだった。火星に着陸して、火星表面の写真を初めて電送したのは、1976年の米国のバイキング1号である。PIA00418_modest.jpg

写真は、1976年から4年間、火星表面で稼働したバイキング2号の着陸機からの画像である。写真の場所は「クリュセ平原」。タイトルは「クリュセ・オーバーフロー・チャネル:Chryse Overflow Channel」と名付けられている。オーバーフロー・チャネルとは、「流れのある川床」という意味。渓谷のような地形が随所に見られる。

火星にはかつて人工の運河があり、今でも建設が行われており、そのため、形が変わると言われたこともあった。しかしその後の観測技術の進歩により、火星には人工の運河は存在しないことが明らかになる。しかし、火星探査機により、火星の表面の地形が詳しく撮影されるようになると、火星には運河はないが、過去、海や水が存在していたことがほぼ明らかになっている。

AFP電によると、2010年6月13日に、約35億年前、火星の表面の3分の1以上が巨大な海に覆われており、そこで生命が誕生した可能性があるとする研究が、英科学誌ネイチャー・ジオサイエンス(Nature Geoscience)に掲載された。


なるほど!と思ったら、押してね。
にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ 人気ブログランキングへ
posted by 火星ちゃん at 13:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 火星 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。