2010年11月05日

Unification−統一理論への道(その1)

アインシュタイン(写真)の目指した統一理論は、宇宙の森羅万象すべてを説明できるエレガントなものでなければならなかった。しかしながら、相対性理論も持ってしても、それはかなわぬ夢だった。space049.jpg

統一理論(Unification)とは、遠大な宇宙から、微細な量子に至るまでを、あまねく説明できる宇宙方程式のことである。

”統一理論”と呼べるものを最初に示したのは、アイザック・ニュートン(1642−1727年)である。ニュートンの万有引力の法則は、当時、目にする身近な風景を、概ね説明できる優れた理論であった。我々の肉体レベルで実際に体験できる世界では、雷の稲光と雷鳴の時差で、音速と光の速度の違いを認識する位はできるが、相対性理論が効いてくる光速に近いところで引き起こされる微細な時間のずれは感覚として理解することが難しい。

アインシュタインが相対性理論に至ったきっかけは、アインシュタイン自身が明らかにしているように、ファラデー(Michael Faraday 1791−1867年)による電磁場理論を元に、マックスウェル(James Clerk Maxwell 1831−1879年)が導き出したマックスウェル方程式にあるということだ。アインシュタインは、自らの業績について、ニュートンよりも、マックスウェルに支えられたところが大きいと述べている。

しかし、この電磁気の力が曲者だった。相対性理論は、重力や質量について注目しているが、その重力の何と弱々しいことか。電磁石の強大な力や、大した質量を持たなくても、強力な磁石の持つ力は、実際に体験できる。こうした”力”と比較すると、重力は弱いということになるのだ。

この”重力の弱さ”という問題が、後々まで尾を引くことになる。そして統一理論への道につながって行く。(この項、続く)


なるほど、と思ったら押してね。
にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ 人気ブログランキングへ
posted by 火星ちゃん at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/168346318
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。