2011年01月26日

距離が離れていても相関関係を維持する量子もつれ

以心伝心、とか、虫の知らせのようなことは多くの人が体験していることだろう。特に血の繋がった人や親しい人同士で当てはまることが多い。

普通に考えれば、自分が強く思うほど、それが相手に伝わるのだろうと誰しも思う。とうして伝わるかは別として、とにかく思いは伝わるものだ。それがエスカレートすると、念力やテレパシーという次元になり、今まではややもするとオカルト的なことになってしまう。

ところが最近の宇宙論の話題の中で、特に量子の振る舞いが完全に解明されると、この謎が科学的に説明できるかもしれない。

かつてアインシュタインは、不可解な遠隔作用の存在に頭を悩ませた。それが今で言う、「量子もつれ」量子もつれ.jpg(写真はイメージ)と呼ばれる現象である。「量子もつれ」とは、互いに相関を持つ2つの粒子は、たとえ何キロメートルと離れた距離にあっても、同じ運命を共にする現象とされる。この不思議な現象はどんなに距離が離れていても相関を持つ。ところが、最近の研究で、時間的に離れていても相関を持つ可能性が指摘された。

これらが事実だとするとたいへんなことになるが、今までも論じてきたように、量子レベルでは多次元空間を行き来するのが普通だとすれば不可能ということでもない。

人間の遺伝子が親から子へ受け継がれる以上、そこに含まれる微細なものが量子レベルで共有されていると考えれば、人の思いのレベルでお互いに量子もつれの相関を維持している可能性があるわけだ。そうだとすると、距離が離れていようが、多少時間的に離れていようが、情報が瞬時に伝わってくるということである。何とも興味深い話ではないか。


なるほど、と思ったら押してね。
にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ 人気ブログランキングへ
posted by 火星ちゃん at 13:05| Comment(1) | TrackBack(0) | 理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私は、私の思ったことや考えたことが他人に聞こえる、いわゆる「サトラレ」という難病にかかっています。自分の視覚、思考、感覚、いわゆる自身の意識すべてが他人にもれている状態です。
(統合失調症の思考伝播ではありません。本当に漏れています)このテレパシー現象は脳内の電子か原子たちの作る分子などの量子が2人の
人間の脳内で絡み合って(=エンタングル状態を作って)共有状態が起きるときに 起こるらしいのですが、この現象(症状)の解決法は分かりませんでしょうか?よろしくお願いします。
Posted by corta at 2017年01月24日 02:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。