2010年01月05日

磁場で地震?

アラスカに、HAARPなるものが存在するらしい。諸説あるようだが、地球の磁場に作用を及ぼすという考え方が興味深い。
地球の内部はマントルと呼ばれる高熱の岩石流が対流している。対流は流動的であるため、海の潮汐と同様、他天体の重力の影響を受けたり、地球自身および他の天体の磁場の影響も受けるらしい。たとえば、太陽の黒点が地球の磁場に影響を与えているのは確かで、2008年5月に起きた四川大地震の前に、太陽活動が活発となり黒点数の異常な増加が見られたという。黒点の増加が地球の磁場に影響を与え、マン2.jpgトル対流に影響を及ぼす。その結果、地殻変動が起きやすくなり、地震が起きるという説だ。
HAARPは人工的に磁場に影響を与え、地殻変動を誘発させる地震兵器との指摘がある。人工的ということは、地震を起こしたい場所をある程度ピンポイントで設定することができ、地球の反対側でさえ、地震を起こすことが可能となる。地球のどの場所でもピンポイントで地震を起こせる。このことが、HAARPが注目される所以だ。
本当だとしたら、すごいことである。
posted by 火星ちゃん at 15:53| Comment(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月03日

高いワイン

米国サンフランシスコ。レストランに入ったときの話。
長年同じ場所で続いているステーキ・レストランだ。値段もリーズナブル、ワインの品揃えも普通。
でも雰囲気は悪くないし、ステーキは、いける。そんなわけで、食事が進み、みんな酔いも少しまわってきたところで、さあ、もう一本ワインを頼もうということになった。気分が良かったので、もっと高いワインを一つ奮発して頼もうということに。ところが、リストの中に良いワインが見当たらない。ウェイターを呼んで、
「ワインリストはこれだけ?」
と聞くと、「そうだ」との返事。
それでは会話が終わってしまうので、すかさず、「もっと高いのはないの?」
すると、ウェイターはしばし間をおいて、リストの中の一つのワインを指差し、にっこり。
「そうだ、このワインがいい。伝票には皆さんが満足いくように高い値段を書いてあげよう」だと。

あっ、以下のビデオ、別のワインの話だけど、歌がいいので聞いてね。ありがと。
posted by 火星ちゃん at 15:58| Comment(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月01日

頭がでかいって?

米国サンノゼ。某研究所での体験。
日本から来たゲストということで、案内の人が、「おまえ、ノーベル賞を取った学者がいるが会いたいか?」と聞かれた。ここは何人ものノーベル賞受賞者が所属する米国でも有数の研究施設。「本当ですか。ぜひ」と答えると、さっそく連れていってくれた。そこには白衣を来た大柄なおじさんが。こちらを振り返り、にこにこしている。そんな立派な人に初めて会えて光栄だな、と思ったのも束の間、その頭のでかさに驚いた。日本でも頭の大きい人はたまに見かけるが、この人のは、通常の倍くらいの大きさかもしれない。こんなに頭のでかい人は見たことがない。まさに"火星人"だった。「ノーベル賞とは、こういうことだったんだ」と心の底から思った。
昔から知能と頭の大きさについてはいろいろな調査・研究が行なわれているようだが、実際に明らかな相関関係があるという報告は今のところないようだ。しかし、「頭が小さい方が頭が良い」というのは直感的に無理があり、やはり大きい方がポテンシャル的に有利だろう。すべからく、科学における新たな発見は直感を起点に研究した成果によるところが大きいということもまた事実であり、現時点でそれが証明されていないからといって、相関関係はないと結論付けるのは早計だ。
自分の頭はいわゆる「ぜっぺき」にちかい。もしその部分が膨らんで、そこに脳味噌を足すことができたら、新たな人生が開けていたものと今でも信じている。ハハハッ。
posted by 火星ちゃん at 15:36| Comment(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。