2010年09月29日

宇宙太陽光利用システム - JAXAの研究

JAXAの進める研究は、「はやぶさ」や「イカロス」などに代表される宇宙探査だけではない。より実用的で身近に実感できる有用なimages-3.jpg技術の開発も行なっている。

たとえば、宇宙太陽光利用システム(Space Solar Power Systems:SSPS)。要は、地球の高度3万6000kmの静止軌道上に、100m四方の規模で反射板を拡げ、太陽光を集めることによって、地球にエネルギーを伝送するシステムである。エネルギーを空中で伝送するために、太陽光をレーザーに変換し、そのレーザー光を地上で受け、1GW(ギガワット)級の発電に相当するエネルギーを定常的に確保しようとするものである。

ちなみに1GWの出力というのは、現行の原子力発電の約一基分に相当しており、たとえば、日本の柏崎刈羽原子力発電所は、7基の軽水炉で、合計約8GW/hの出力を可能としている。エジプト・ナイル川の巨大ダムとして有名なアスワン・ハイ・ダムの水力発電出力は約2.1GWとなっている。JAXAの目標としている宇宙太陽光発電の規模が実用的と考えられる所以である。

この構想を実現するための要素技術は、着々と開発・検証されており、実験レベルでは、ほぼ実現可能なレベルに到達している。

実際には、100m四方の反射板を静止軌道上の構造物として、組み立てる技術は簡単ではない。あるいは、太陽光をレーザーに変換し、それをさらに地上で受け、変換するなどの技術。それぞれに課題はあるものの、大きな問題はほぼ解決可能とされており、2020年から2030年までには十分実現できる見通しとなっている。

JAXAへの金額的な支援や様々な援助をさらに行なえば、実現時期を早めることも可能であり、日本政府も、もっとこうした技術支援に積極的に目を向けてもらいたいものである。

なるほど!と思ったら、押してね。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ
posted by 火星ちゃん at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月29日

古代の大きな建造物

古代人が作ったとされる建造物は、多くの謎に満ちている。昔のことであるから、すべての資料が残っていないためだ。その中でも横綱級がピラミッドであろう。当然のことながら、ピラミッドの研究は人々の好奇心を誘い、現在に至るまで、多くの研究者や発掘者が登場し、有名なエピソードも多い。映画、テレビにも頻繁に登場する。基本的な疑問、ピラミッドがなぜ作られたのか、という謎解きは、今でも続いていて、新しい発見も次々にあるようだ。基本となる出発点の主なポイントは、
350px-All_Gizah_Pyramids.jpg
年代はいつ?いつ作った?
誰が主導した?誰が作った?
何のために?
建築の構造や内部の構造は?

などなど。これらの疑問には結構な答がそろってきているようである。正解も多くあるに違いない。しかし、こういうことが問題ではない気がするのだ。つまり、肝心な質問が抜けている。それは、どうしてあの大きさでなければならないのか、というもの。

つまり、大きすぎる。あんなに大きくした理由がわからない。人手をかけたいのであれば、手軽な大きさのものを、もっとたくさん作れば良い。他者を畏怖させるのが目的だとして、あのサイズまでは必要ない。作らせた側もその位のことを考えたに違いない。しかしあの大きさになった。

人が初めて、あのようなものを構想したときに、最初からあんな大きなものを作るだろうか。徐々に大きなものを作れば、いずれああなる、と反論する人もいるだろう。しかし、その答えにはまったく納得できない。

奈良の大仏も大きいが、せいぜいあれ位だ。万里の長城は、途方もなく長いが、大きいかと言われると、そういう感じではない。どちらも別に不自然な感じはしない。万里の長城のように、順番に継ぎ足して行ったら、結果的にあんなに長くなってしまいました、というのは納得できる。しかし、ピラミッドはそうではない。最初からそういう設計意図が感じられる。つまり、いきなり、あの大きさのものを作るという意思が強く出ているのだ。そこが釈然としないのだ。

そろそろ、謎解きに挑戦しよう。つまり、ピラミッドを作らせたとされる人に、さらにアドバイスした人がいたら。これはまったく話が違う。その人は、「この位のものが作れるし、この大きさの方がいいですよ、だから、この大きさで作ったらどうでしょう」と言う。作る側は、「そうですか。ではその位のものを作って見ましょう」。これは不自然ではない。

つまり、アドバイスした人は、あの程度の大きさのものに対して違和感がないのだ。だから、あの大きさのものがいきなり発想できる。何が目的だったという問題を話しているのではない。アドバイスした人の意図の話は別問題。いずれにせよ、アドバイスした人は、経験がより豊富である。あれを作った人に簡単にアドバイスでき、かつ、あれを作った人を納得させられる。それはいったいどういう存在の人なのであろうか?

作った人とアドバイスした人が同じだった可能性も排除できない。重要なのは、地球のレベルを超えた世界の人、が関与しない限り、ピラミッドは建造できなかったのでないかという疑問である。


posted by 火星ちゃん at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月28日

人類は一度滅んだのか

人類は一度滅んだと主張する人がいる。有名なところでは、たとえば、英国のデヴィッド.W.ダヴェンポートだ。ダヴェンポートは、インドの古代都市、モヘンジョダロの近くに黒いガラス質に覆われた800メートル四方の場所を確認、核爆発の痕跡という見解を示している。反論としては、大規模な火災や火山の噴火などが偶然に重なったとする説もあるが、どうだろうか。

ダヴェンポートは同時期の古代インドの叙事詩「マハーバーラタ」「ラーマーヤナ」「リグ・ヴェーダ」の記述と結びつけて考えている。確かに、核爆発を想起させる描写がある。爆発の様子は以下のようなものだ。
−太陽が1万個集まったほどの光輝く柱
−池の水が蒸発
−猛火に焼かれ、ばたばたと倒れる戦士たちと、火傷で逃げまどう戦象、灰と化す住民
−恐ろしい風、うなる雲、揺れ動く太陽(衝撃波)
−髪の毛や爪が抜け落ちた死体や、毒された食べ物(放射能汚染)

いずれにせよ、その後の研究や調査によって、新たな発見がなされたわけではない。むしろ、黒いガラス質に覆われた場所さえも特定できていない。しかしながら、古代インドの叙事詩の記述は別の問題である。想像だったとしても、現実の何かを参考にしない限り、ここまでの描写は不可能ではないだろうか。

余談だが、聖書創世記のソドムとゴモラの話も興味深い。裁きにより2つの都市が天からの硫黄と火によって滅ぼされたという話だ。後の研究で、この日は紀元前3129年6月29日に特定できるらしい。アルプスの氷床の調査から、同時期(紀元前3100万年頃)に小惑星が空中爆発した可能性があるという。

いずれにしても、尋常ならざる事象は人々に強烈な印象を植え付けるわけで、それが後に伝承として伝えられるのは当然のことであろう。そうした描写や記述を軽々しく無視するよりも、真実だった可能性を考えていく方が建設的ではないだろうか。なによりも好奇心がかき立てられるのは否定できない。

人類は核戦争で一度滅んだ (ムー・スーパー・ミステリー・ブックス)
ダヴェンポート著

<以下のWikipediaの記述を利用し、加筆した>
古代核戦争説
ソドムとゴモラ
posted by 火星ちゃん at 15:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。