2010年09月24日

ボイジャーの旅は続く

劇場版「スタートレック」の第1作の設定はおもしろい。今こそ、話題となっても良いくらいだ。参考のために要約すると:

正体不明の巨大な雲状の何かが銀河系を地球に向かって進んでいる。その進路を妨害しようとするものは攻撃され、消滅させられてしまう。そして地球への軌道上の近くで残っている宇宙船はついにエンタープライズ号だけとなった。昇進して今は地上任務についていたカーク提督は船長に復帰し、調査に向かう。そして、雲の中に「ヴィージャー」と名乗る謎の存在を突き止める。「ヴィージャー」は、地球にいるはずの創造主と一体化するのが目的であった。220px-Voyager_Golden_Record.jpg

結論は、「ヴィージャー」(スペルはVger)は実はボイジャー(スペルはVoyager)だったという話。つまり、Vとgerの間のoyaの文字が欠けていたため、Vgerと呼ばれていただけだった。長い航海の中で、人工知能が自らの意思を持つようになり、かつて打ち上げられた地球に戻ろうとしていた、ということ。

---

ボイジャー計画は、NASAによる太陽系の外惑星および太陽系外の探査が目的であり、1977年に1号、2号と打ち上げられた。すでに30年以上の航行を続けているが、1号は2020年、2号は2030年までは稼働を続けることができると言われている。エネルギー源はいずれも原子力電池であるが、消耗品の寿命が持つ限り、機材が壊れることはないらしい。最後は、原子力電池の出力が低下し、すべての機器に電源を供給できなくなるために機能が停止してしまう。それにしても高い技術力であり、NASAの底力はすごい。

いずれにせよ、ボイジャー1号、2号はともに、現在、太陽から170億km以上離れた太陽系の淵を秒速約17kmで飛行中で、地球から最も離れたところにある人工物体となっている。ちなみに上記スタートレックの中の「ヴィージャー」は架空の「ボイジャー6号」という設定だそうだ。

写真は、ボイジャーに積まれている、金メッキされたレコード板。「地球の音(The sounds of Earth)」というタイトルで、地球上の様々な言語による挨拶、音楽、音、イラスト、写真などが収録されている。ボイジャーの公式サイトは現在もNASAによって運営されている。

なるほど!と思ったら、押してね。
にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ 人気ブログランキングへ
posted by 火星ちゃん at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 太陽系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月10日

火星と木星の間の小惑星帯

太陽系の惑星は、内側から、水星、金星、地球、火星となっているが、火星と木星の間は広く空いている。その空いている空間に小惑星帯が存在していることは広く知られている。(図:小惑星帯のイメージ)
2304.jpg
小惑星帯の中でも、最大のものは、直径950kmほどのケレス(Ceres)である。ケレスは1801年に発見されたが、当初は、新しい惑星の発見ではないかと見なされた。しかし、数年の間に、パラス(Pallas)、ジュノー(Juno)、ベスタ(Vesta)と同じような軌道上に次々と小惑星が発見され、さらに、もっと小さな微惑星が多く発見されたため、小惑星帯(Asterod Belt)と名付けられるに至った。ケレスを筆頭に大きなものは準惑星(Asteroid)として別個に定義されることがあり、それらを除いて、小惑星帯と称される場合もある。

さて、ケレスを筆頭に多くの微惑星が同じ軌道に散らばっているとなると、これはもともと一つの惑星が、何らかの理由でばらばらになったと思われがちだが、研究では、そうではないらしい。むしろ、惑星になりきれなかった宇宙の塵の集まりだと考えられている。小惑星帯と言っても、それぞれの距離は相当に離れているため、お互いがぶつかりこともほとんどない。土星の環のような密集したイメージではないのだ。

結局、小惑星帯はもともと大きな一つの惑星だったわけではないので、火星に代わる古代知的生命体の話には残念ながら結び付かない。それでも、やはり、SFの世界では題材になる。かつて、火星と木星の間にあった惑星カタインが砕けて小惑星となったという話が、これ。

透明惑星危機一髪!/時のロスト・ワールド <キャプテン・フューチャー全集4> (創元SF文庫)
エドモンド・ハミルトン著
posted by 火星ちゃん at 10:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 太陽系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。